融資を受けるためには

融資を受ける場合には、銀行や消費者金融に申込をします。
その時に必ず融資できるかどうかの審査を受けなければ行けません。
所得の状況などを申込時に記入しますので、その後、銀行や消費者金融が
申込内容を元に審査します。

審査では借入件数や借入金額を見ます。
また、借入件数が多いと融資が難しくなってきます。
借入件数が多いと言うことは無計画にお金を借りている人と見られるからです。

収入があり、働いており、はじめて融資を受けるという場合は、まず問題なく融資を受けれるでしょう。

融資を受けるには収入があると言うことが前提になり、無職では融資は難しいです。
パートやアルバイトでも融資は受けられます。
また無収入の主婦でも融資が受けられます。この場合は旦那にしっかりとした収入があることが前提になります。

過去に自己破産をした方は自己破産してから7年間お金を借りることはできません。
これは信用情報機関というところにお金を借りた人の情報が記録されており、
お金を借りた人の情報はすべてここに記録されています。
そのため自己破産後7年間はここに記録が残り、融資を受けようとしても自己破産者だと記録からわかるためです。
融資を受ける場合も過去に借金などがないかなど情報信用機関で照会されます。

審査を通過すれば融資を受けることが可能です。
審査結果によっては希望融資額よりも少ない金額しかお金を借りられないという場合もあります。