信用情報機関とは

信用情報機関とは金融機関からお金を借りた人のデータが記録されているところです。

金融機関は銀行系、信販・流通系、消費者金融があります。
これらの各金融会社は信用情報機関に加盟しています。
融資を受ける場合に信用情報機関に過去の利用状況を照会し、滞納や遅延がないかなどを把握します。

代表的な信用情報機関は、
全国銀行個人信用情報センター、株式会社シーアイシー、株式会社シーシービー、全国信用情報センター連合会です。
これらの4つの機関に借用者の個人情報が記録されており、
この個人情報は加盟している金融会社しか利用できません。
各金融会社によっても加盟している信用情報機関は別々です。
また、借用者本人も信用情報機関で自分の個人情報を確認できます。

信用情報機関には、
氏名や勤務先、住所、過去の金融機関の利用状況や返済金額、過去の遅延や滞納状況が登録されています。

最近では新しくテラネットという信用情報機関が出来ました。
また、全国銀行個人信用情報センター、株式会社シーアイシー、全国信用情報センター連合会では、
借用者の遅延状況や滞納状況の記録を共有しています。

また、キャッシングカードを持っていても、1円も利用しなければ情報として登録されません。
情報は取引発生時に登録されるところが多いです。
当然ですが、過去に一度もクレジットカードも作らず、金融機関からお金も借りていない人は、
何も情報が登録されていません。