保証人は必要ですか?

通常の個人の融資では無担保で保証人も必要ありません。
昔は連帯保証人も求められましたが、トラブルが多く、
今は個人の融資で保証人を求められることはありません。

しかし、何社も借りている場合や、借入金額が年収の3分の1ぎりぎりの場合などは、
場合によっては保証人が必要と言われることもあります。
初めての融資ではまず保証人は必要ないでしょう。

保証人がいなければ融資会社としては、お金を回収できないリスクがありますが、
その分金利を高く設定してそのリスクを分散させています。

学生や主婦の場合は、20歳以上で、アルバイトなどで収入があれば保証人は必要ありません。
融資を利用する本人が未成年である場合、または融資額が大きい場合は保証人が必要になります。
個人事業主や法人が融資を受ける場合は当然保証人は必要です。

保証人が必要なく、その分審査から融資までを早くしているところもあります。
自動審査や即日融資とよばれるサービスを行っているところがそれにあたります。